欠損補綴

欠損補綴
~歯を失ってしまった方へ~

欠損補綴~歯を失ってしまった方へ~

虫歯や歯周病、外傷により歯が抜けてしまった場合や虫歯治療の一環で抜歯をしたという場合には、失った部分だけ回復する「欠損補綴」という治療を行います。欠損補綴にはブリッジ治療、移植治療、インプラント治療、入れ歯治療といった選択肢があります。当院はなるべく削らないことを目指しますが、介入が必要なケースも中にはあります。

歯がなくなると見た目の印象が悪くなるだけでなく、食べ物が咬みづらくなったり良好だった歯並びが乱れてしまったりする恐れがあります。また、咬み合わせが悪くなると虫歯にかかりやすくなるほか、歯を失った部分に隣の歯に寄って歯並びが崩れたり、前歯を失うと歯がないことが目立ってしまったりします。ほかにも審美障害や発音障害などが引き起こされる可能性があるのです。

1本でも歯がなくなると、上記のような様々な悪影響が考えられます。歯を失うと、発音機能障害や欠損が進行することもあるので早めの治療が必要です。新百合ヶ丘の歯科医院「カズトシデンタルオフィス」では初めに丁寧なカウンセリングを行い、国内外の過去から現在にいたるまでの知識・研究データを顧みたうえでオーダーメイドの治療計画をご提案します。

欠損補綴の種類

インプラント治療
インプラント治療

歯を失った箇所の顎の骨にねじ状の金属歯根(インプラント体)を埋め込み、その上部に人工の歯冠を装着する治療法です。残っている他の健康な歯に負担をかけにくく、しっかり固定されるので天然歯と同じくらいしっかりと咬むことができます。これは保険適用外となる方法で、インプラントは人工物であるがゆえに細菌感染に弱いため、メンテナンスをこまめに行う必要があります。インプラント治療は術者の診断により、インプラントの本数や埋入のタイミングなどが異なる場合があります。 当院では患者さんとしっかり話し合い、患者さんの利益になることを常に模索し、治療方法をご提案しております。

ブリッジ治療
ブリッジ治療

両隣の健康な歯に橋をかけるように連続した人工の歯を被せて歯の機能と見た目を補います。固定式なので違和感が出にくく、入れ歯よりも咬む力を回復できます。欠損の場所や使う素材によっては保険適用内で治療することも可能です。ただし、両隣の健康な歯を削る必要がある、隣の歯がない奥歯では処置ができない、といった点には注意が必要です。患者様の状況に応じて、歯を削る量を変えたり、両隣の歯ではなく片側だけの治療を行ったりすることも可能です。

入れ歯治療
入れ歯治療

取り外し可能な装置(入れ歯・義歯)を使って歯の機能と見た目を補う治療です。他の治療に比べて短期間で処置でき、健康な歯への負担が少ないことや、外科的治療を少なくできるというメリットがあります。ただし、安定感がやや弱いので天然歯ほど強く咬むことができません。保険適用外なら、違和感が出にくい入れ歯を選ぶこともできます。状況に応じて違和感などのデメリットをコントロールすることもできるので、なるべく患者様の負担を減らす治療を心がけています。

移植治療
移植治療

親知らずなどの不要な歯を欠損部に移植して機能を回復させることができる治療方法です。インプラントなどの人工物と違い普通の歯と同じように機能させることができるため、後々に矯正治療を行うこともできます。
歯の移植治療は、
・移植できる歯がある(親知らず、矯正のため抜歯した歯など)
・患者様の年齢や移植する歯の形態が移植に適している
・移植する部位と移植する歯の大きさが合っている

などの条件をクリアする必要があります。移植を行う年齢や症状の進行具合が早ければ早いほど神経の保存ができるなどの対応しやすい治療です。

歯がすべてない方のための治療

歯がすべてない方のための治療
咬みづらい総入れ歯で我慢していませんか?

総入れ歯を装着していると痛みを感じる、味が分かりにくい、なんだか咬みづらい――。そんな入れ歯(義歯)を我慢して使っていませんか? 入れ歯は失ってしまった天然歯の代わりとなる大切な存在。当院では、患者様それぞれに合った入れ歯を提供します。レジン金属床義歯、床義歯、オーバーデンチャー、インプラント義歯(天然歯を利用したもの)など様々な種類があり、違和感がなるべく少ないような要望に合った総入れ歯をお選びいただけます。

インプラントオーバーデンチャーで
安定した咬み心地を

歯がないすべての場所に1本1本インプラントを埋め込むこともできますが、それだと治療費がかなり高くなってしまい、治療にかかる時間や外科処置による身体的負担も無視できません。そこで検討いただきたいのが、インプラントオーバーデンチャーです。

インプラントオーバーデンチャーは残っている歯根や数本のインプラントに専用の入れ歯を固定する仕組みになっており、入れ歯の修理がしやすい、安定感があり保険診療の入れ歯より強く噛める、不快感によってえずいてしまうことが減る、といったメリットがあります。インプラントが咬む力をサポートしてくれるため、残った歯への負担を分散させることが可能です。

歯が数本ない方のための治療

歯が数本ない方のための治療
部分入れ歯について

歯を一部分だけ失ってしまった方には、部分入れ歯のご提案が可能です。部分入れ歯を考えたとき、見た目が心配になってしまう患者様は多いでしょう。当院は金具、ワイヤーなどできる限り見た目の自然さにも配慮して設計します。ワイヤーは歯を守るためになくてはならないものですが、違和感を少なくすることは可能です。上手く咬めないことで、周りの歯に負担が生じてしまうこともありますが、機能を落とさずにワイヤーが見えないように配慮します。

ブリッジ治療

ブリッジの長所は、固定式なので取り外しが必要なく違和感も少ないところ。入れ歯よりも安定性が高いので、装着したときの違和感・不快感が少なく、食べる・話すなどの作業を自然にできるという特徴があります。強度の高い金属製、見た目が自然なセラミック製など、様々な種類のブリッジをご提案できます。状況によってはインプラント治療よりも適している場合があります。当院では、治療費を高くするといったことではなく、患者様一人ひとりに合わせた最善の治療を考えます。また、ポンティックというダミーの部分に対しても清爽性、審美性面、機能面での配慮を行います。

移植治療

移植治療は人工物を使わず、自身の歯を使うので、時間が経つほど自然な状態で過ごせます。メンテナンスもご自身の歯と同じように行えることもメリットです。インプラントなどの人工物と違い普通の歯と同じように機能させることができるため、後々に矯正治療を行うこともできます。親知らずや矯正の抜歯などで使われてない歯があった場合に行うことができ、早期に治療する必要があるのでご相談ください。

インプラント治療

インプラント治療は保険適用外で、歯科医師の診断力や技術力によって見た目や予後が大きく変わってくる治療方法です。当院では、歯科用CTなどと用いてお口の状況を正確に診断し、臨床経験が豊富な歯科医師が正確な処置を行います。インプラントは周囲の健康な歯を守るために必要なケースもあります。メリットだけでなく注意点もあるため、当院では必要なときに治療するようにご提案しております。安全性はもちろん、術後の快適さと見た目の美しさにも定評がありますので、治療後の仕上がりや咬む力の改善を重視したい方はご相談ください。