インプラント

インプラント

インプラント治療

インプラントは、残念ながら歯を失ってしまった場合の欠損補綴治療のひとつです。欠損補綴治療にはインプラントの他にも、ブリッジ、歯の移植、入れ歯(義歯)などがあります。

一方で、それぞれの治療法にはメリット・デメリットがあります。カズトシデンタルオフィスでは、患者様のお口の状況に合わせ、歯を補う治療法を使い分けたり、併用したりして対応します。歯を失くした方へ、できるだけ多くの選択肢をご提示し、様々な治療例をお見せしながら、患者様一人ひとりに最適な治療法を導き出していきます。

インプラント治療にあたって大切なこと

インプラントでは、顎の骨に人工歯根を埋め込んで歯を補います。そのため、その歯(インプラント)単体で咬む力を支えることができます。一方、ブリッジや入れ歯を使用すると周りの歯に負担をかけ、大きなダメージを残すこともあります。

インプラントであれば周りの歯に負担をかけないようにすることができるため、お口全体のバランスを守る意味でも、有効な欠損補綴治療になります。実際に、インプラントが無くては口腔内の機能を回復させることが難しいような方も多くいらっしゃいます。

ただし、インプラントも完璧な治療法ではありません。一生涯持つものではありませんし、一度埋め込むと天然歯のように矯正的な力をかけても動かすこともできません。人工歯根を埋め込むため、天然歯に比べ歯周病などの細菌感染に弱い側面もあります。

また、歯周病などの歯を失う原因を解決しないままインプラント治療を行うと、顎の骨が足りずにインプラントを支えられなかったり、細菌感染を招きやすかったりするなどのリスクが伴います。当院は患者様のお口の状況をすみずみまで把握し、インプラントが最適な治療法であるかどうかをしっかり見極めます。歯周病を発症しているのであれば、インプラント治療開始前に治療を行い、計画的にインプラント治療を進めていきます。

将来を見据えて治療計画を立てる事が大切です。

インプラントは、「しっかりと咬みしめられる」「周囲の歯を削る必要がない」など、優れた側面を持つ欠損補綴治療です。しかし、どんなに優れた材料でつくられたインプラントも、天然歯に勝ることはありません。当院では、インプラントを避ける、もしくはインプラント治療を遅らせるなど、患者様一人ひとりに合わせた治療計画の立案を行っています。

美味しく食事を味わったり、失った歯を補ったりするためにインプラントをするのであって、インプラントをやりたくて治療を受ける方はいないのです。当院では、患者様のお口の状況を把握し、あらゆる選択肢を提示いたします。その上で、患者様にとってメリットの高い治療法であると判断された場合は、インプラント治療をご提案しております。

インプラント治療は、特に若くして虫歯や交通事故などで歯を失った方には有効であると考えています。インプラントを使用することで、周りの歯も守っていけるためです。

この他にも、インプラント治療が適している方がいらっしゃいます。例えば、周囲の歯が残っていたり、印象を大きく左右する前歯を失ったりした場合などは、ブリッジや入れ歯を選択するよりもメリットが大きいでしょう。また、「義歯があるが上手く咬めない・違和感が強い」「周りの友達と自由に食事を取りたい」「入れ歯にしてから徐々に自分の歯を失っている」「交通事故などの原因で歯を喪失してしまった」という場合には、インプラント治療の方が向いている可能性があります。ぜひ当院にご相談ください。

当院では、インプラント治療が必要になった場合、なるべく低侵襲(体に負担をかけない)で、予後を考慮した安全な治療方法・治療計画の立案、治療期間の短縮を行うように配慮しています。また、インプラント治療を行った後の審美性にもこだわって治療を行っています。どんな些細なことでもお気軽にお尋ねください。

当院では様々なお口の状況に対応できる治療オプションがあります。

インプラント治療は顎の骨に金属歯根(インプラント体)埋める治療なので、顎の骨が痩せて少ない方には向いていません。インプラント治療に十分な顎の骨がない方には、「骨造成」という顎の骨を再建する治療を行います。

また当院では、患者様への負担をできる限り軽減させる、正確で安全なインプラント治療を心がけています。インプラントを正確に埋入するために、ガイデッドサージェリーを用います。抜歯してすぐにインプラント治療を行う「抜歯即時埋入」も対応可能です。

当院はこのような方にご利用いただいております
  • 他院でインプラントをして、トラブルを抱えた方
  • 治療のやり直しが多く疑問を持たれた方
  • 矯正とインプラントが必要と言われた方
  • 若いのにインプラントをすすめられた方
  • 他の治療箇所もある方

当院では患者様とって何が一番大切かを考え、根拠がある将来を見据えた治療を行っていきます。まずはお気軽にご相談ください。